会社に不可欠な存在

社会保険労務士とは、主に会社の保険業務と人事業務を担当することになります。
労務は、労働に関する事務一般のことを言います。
小規模な会社の場合は経理が受け持つ業務になりますが、専門的な書類等は経理ではなく社会保険労務士に依頼することになります。

会社としては、社内の社会保険労務士を置くだけの力がない(コストの関係)場合もあり、そんな時には社会保険労務士事務所と契約することになります。
実際に、毎日仕事を行うことではないため、社内に必ず必要なことでないため、外部に依頼することで十分です。
社会保険労務士事務所としては、複数の労務を担当をしたとしても、時間差の事務仕事を効率的に行うことができます。

それぞれのクライアントに対応する業務を担うことができます。
社会保険労務士事務所としては、人事業務も担当することができますが、クライアントとの関係から、経営に言及することもあります。
これは、経理の内容がわかるため、運用のアドバイス等もすることができ、会社の健全経営のためのアドバイスなどもできます。

これは、社会保険労務士としてだけではなく、ファイナンシャルプランナー等の資格も持ち合わせているためで、会社経営に関しての知識なども持ちあわせています。
会社としても経営状態を明かすわけですから、信用の高い社会保険労務士事務所との関係は大切といえるでしょう。
会社との顧問契約によって、経営陣のブレーンとなる存在で、あってはならない労働トラブルがあった時の対処することも、社会保険労務士の存在はとても大きいです。



≪Recommend Site≫
障害年金手続きの依頼を受けている社会保険労務士事務所のサイトです ⇒ 障害年金